メインイメージ画像

履いているビジネス用のシューズでその人の印象が決まるのです

多くの人の目に触れる仕事における服装というのは最初の印象を決定づけるものと同時に、その人の内面が出てくるものです。特に営業職などの仕事の場合は、社内に留まるよりも顧客先や、外に出ている時間の方が長いです。

初対面の人は、人と会う時に意外と見られているものとして靴があります。今はビジネスシューズというカテゴリーのものがたくさんありますが、どんなシューズを履いているかによりその人の事がほとんど見当つくというのです。仮に営業先の人が身なりはこぎれいにしていてもシューズがかなり汚れていたり、すり減ったのが見えたりするといい印象は残りません。

ビジネス靴は毎日履くものなので、その人が1日の終了にいかようにシューズに対しているのかが一目で分かります。汚れていたり、すり減ったりしている靴を履いている人を見れば、仕事で外回り大変だなと思うとともに、だらしないという印象があります。どんなに外見をこぎれいにしていても、先端のシューズでだらしないという印象がつけば結局全体もだらしないと思われます。

そのために、ビジネスにおいてはシューズを常に綺麗にしておくことが重要です。可能であるならシューズは複数準備し、毎日同じものを履くのではなくて交代で履くことを推奨します。

そうすることで一足が長寿命化するし、シューズの臭いも起きにくいです。外回りなどでシューズが汚れてしまうこともありますが、人と会う場合はウェットティッシュ等で事前にシューズを綺麗に拭いておくことをオスメします。こうすることで印象が全く異なります。また靴がすり減っているのであれば手入れがされていない印象がつくので、すり減ってしまう前に新しいものを購入するか、底を打ち直してもらう事が大切です。



女性についても同じことが言えます。とりわけ女性の場合はヒールを履くので、ヒールの足のところだけすり減っている人がいます。定期的にチェックして、見た目が悪くならないように気をつけることが重要です。こうした細かい気遣いで印象も変わり、その結果職場でも良い面が出てきます。

更新情報